ワキガでお悩みの方必見!段階ごとの治療法

ワキガに効果のあるお薬

軽度のワキガであれば、薬を使って治すことができます。外用薬としてよく使われているのが塩化アルミニウム液で、綿などに染み込ませて患部に塗ります。病院で処方してもらうこともできますし、ドラッグストアなどでも市販されています。飲み薬としては臭化プロバンテリンが挙げられます。尿が出にくくなったり口が渇きやすくなるという副作用があるため、医師の指示通りに飲みましょう。また、精神面に作用して発汗を抑制する薬もありますが、こちらも服用時は必ず医師の指示に従わねばなりません。

病院で行われるワキガ治療

薬だけではワキガを抑えるのが難しいという場合は、病院でボトックス注射を行う場合もあります。これはボツリヌス毒素を注入することにより発汗量を抑制するというもので、特に多汗症の人に対して高い効果を発揮します。また、病院では電気凝固法が行われることもあります。電流を流した針をワキに刺すことで皮脂腺とアポクリン腺が破壊され、ワキガの症状が収まります。ちなみに電気凝固法にはワキ毛の脱毛効果もあるので一石二鳥と言えますね。

悪化したワキガでも手術なら治せる

ワキガが悪化してどうしても完治しないという方も諦めることはありません。重度のワキガでも手術で治すことができるからです。ワキガの手術には様々な方法がありますが、その一つがワキを切開してアポクリン腺を取り除く剪除法です。入院の必要が無いので忙しい人でも手術を受けやすいですね。皮下組織吸引法は、ワキに穴を開けてカニューレを通し、エクリン腺やアポクリン腺を吸引するというものです。剪除法よりも傷口が目立ちにくいですが、再発の可能性もあるので一長一短と言えるでしょう。

わきがは移るものだと思っている人が多いのですが、そうではありません。遺伝はしますが近くにいたために移るということはけしてありません。