色素沈着が目立つところの脱毛はだめなの?

VIO脱毛で断られるケースって?

脱毛サロンなどで使用されているマシンは、黒っぽい色を毛根だと認識するように設計されています。つまり毛が生えていない部分でも、黒ずみが強かったら脱毛用の光が間違って反応してしまい、レーザーの熱でやけどをしてしまうリスクがあります。施術してくれるスタッフも脱毛士の資格を持っているプロの方々ですから、実際に施術中にそういった事故は滅多に起こらないものですが、万が一に備えてあまりにも色素沈着がひどいとサロンの方から断られることも。

じゃあ諦めるしかないの?

VIOゾーンは入浴やトイレの時以外は常に下着で締め付けられていますから、下着の布と皮膚や粘膜の摩擦による刺激のせいで色素沈着する可能性が高いんです。どんな人も大なり小なり色素沈着が発生しているとも言われています。だから、色素沈着が出来ていても決して自分のケアが悪かったと責めないで!脱毛サロンでVIO脱毛を行う方法は光脱毛とレーザー脱毛だけではないのですから、他の方法で脱毛を行えばいいだけなんですよ。

色素沈着が無関係な脱毛とは?

脱毛法としては古い方法ですし、光脱毛などと比べると痛みが強いのが欠点ですが、毛穴に差した針に電流を通して脱毛をするニードル脱毛と最新の脱毛器を使ったSHR脱毛という方法があります。ニードル脱毛は永久脱毛となっています。アンダーヘアに混じっている白髪だけを脱毛したい場合に便利なので、光脱毛と併用する人も。後者のSHR脱毛は、毛根ではなく毛包に弱い光を照射する方法で色素沈着がある部分でも広範囲に脱毛効果を発揮します。

VIOライン脱毛は股間の無駄毛を取り除く行為ですが、股間の肌は刺激に弱いので肌荒れや炎症などの弊害に見舞われることがあります。無駄毛処理後に適切なスキンケアを行うことが綺麗に仕上げるための心得です。